Hawaiiandays Project とは?

Hawaiiandays Project とは?

Hawaiʻian Days Projectとは
― 私たちの提案 ―
私たち「Hawaiian Days Project(ハワイアンディズプロジェクト)」は、花博記念公園鶴見緑地でハワイを再発見し、『文化や共生、緑化を次世代に伝え!考え!守る!』をモットーに「人と緑の共生」を考える活動しています。
【ハナミズキホール】ハワイイベント『Hawaiian WAI KULA Days』を開催し、
【咲くやこの花館】ハワイフラワーツアー(毎月第2土曜)でハワイの植物を紹介し、
【国際庭園エリア:ハワイ州庭園】清掃ボランティア(毎月第3日曜)を行なっております。
ハワイが色濃く残る花博記念公園鶴見緑地で「ハワイの魅力」を伝え、ハワイと日本の知恵を通じて「人と緑の共生」を考え、公園の維持と共にプラスチックボトル問題などの「環境問題」を提案し守るべきものは何かを皆様と共有し分かちあいたいと思っています。
※随時、facebook(Hawaiian Days Project)やInstagram(hawaiiandays_project)に活動の様子をアップしています。是非ご覧ください。

Hawaiʻian Days Projectの経緯
― スタート&ヒストリー ―
2006年より花博記念公園鶴見緑地内「咲くやこの花館」でのハワイイベント『ハワイ花と文化展―Kaulana nā pua―』のボランティアから輪が広がり、舞台パフォーマンスやワークショップ、ハワイフラワーツアー等を行い、たくさんの方々のご賛同とご協力を得ることが出来ました。そしてボランティアで集まった私たちは、2015年より同公園内・国際庭園・ハワイ州庭園で清掃を始め、2016年には花博記念公園鶴見緑地でハワイを見つけ、ハワイを通じて「人と緑の共生」を考えるハワイアンディズプロジェクトというボランティアチームを立ち上げました。
2017年から花博記念公園鶴見緑地・スマイル5、パークセンターや咲くやこの花館のご協力を得て、流行にとらわれないハワイイベント『Hawaiian WAI KULA Days―鶴見緑地でハワイを見つける―』を開催することが出来ました。

花博記念公園鶴見緑地
― 覚えていますか ―
1990年、「自然と人との共生」をテーマに日本を含む83カ国と55の国際機関、212企業や団体が参加し『EXPO’90国際花と緑の博覧会(通称:花の万博、花博)』が華やかに開催され、史上最高の総来場者を記録しました。
跡地は花博記念公園鶴見緑地(大阪市鶴見区)と名を改め、高さ11mの天井から差し込む光が心地良い屋内の「ハナミズキホール」や「バーベキュー広場」「山のエリア」「国際庭園エリア」が今でも残り、「咲くやこの花館」では世界中の花々が咲いています。現在でも沢山の人々が集い愛され大切にされている公園ですが、長年の老朽化は避けがたく2025年万博開催を控えた今、既存公園の維持や保全も考えなければならないと思います。

咲くやこの花館
― ハワイの植物にも出会える ―
「難波津に 咲くやこの花冬ごもり 今は春べと咲くやこの花」の古歌に由来した『咲くやこの花館』。熱帯から乾燥地帯、高山・極地圏までの地球上のさまざまな気候帯に生育する植物を配置し、栽培・展示・観察が出来る日本最大の温室を有する屋内植物園です。館内には絶滅の危機に瀕しているハワイの固有植物が命をつなぎ、その他にトロピカルな花々が咲き誇っています。
様々な困難を乗り越えハワイの島々で繁栄した植物が、今なぜ絶滅に向かっていくのか、植物に支えられてきたハワイ文化や日本との関わりをテーマに2006年より「ハワイ・花と文化展―Kaulana(名高い) nā pua(花々)―」が開催され、咲くやこの花館で『人と緑の共生』をご来場の方々と共に考えてきました。2017年からは「ハワイの植物展―Mohala(咲く) o Āhinahina(ギンケンソウ)ー」へとシリーズ化されました。
咲くやこの花館の皆様より『Hawaiian WAI KULA Days』や『清掃ボランティア』にもご賛同頂き、沢山のご協力とご支援を頂いております。

国際庭園・ハワイ州庭園
― ここにあったハワイは今 ―
花博の開催当時、国際庭園エリア内「ハワイ州庭園」では自然や人々へ思いやりをALOHAで表したパビリオン(現存しません)やハワイ王国建国の父・カメハメハⅠ世像(現存しません)が建ち、溶岩で出来た階段やHumuhumuapuaʻa(ハワイ州シンボルの魚)のタイル等々ハワイらしい庭園でした。マウイ島ハレアカラーのみに自生し一度だけ咲く固有植物ギンケンソウ(Āhinahina)の花が咲くという奇跡が起こり、夏期にはハワイから来たフラダンサーやミュージシャンのパフォーマンスにたくさんの人々が魅了されました。
開催から長い時が経ち、当時の華やかな賑わいの記憶も薄れ訪れる人もなく、ハワイ州庭園には雑草やごみなどが目立つようになり、国際庭園エリアを廃墟と呼ぶ人まで現れました。この状況を憂いた私たちは清掃ボランティア「Kōkua hoʻomeheu o ke ānuenue:Save trace of the rainbow(虹の名残を救う・ハワイ州のシンボルは虹)」を立ち上げ、2015年よりパークセンター・咲くやこの花館のご協力とご支援を得て清掃活動を開始しました。国際庭園の再生のキッカケになり次世代に残せる公園となればと地道に清掃を続けています。
きれいになったハワイ州庭園で今一度ハワイアンミュージックを聞くことができたらと、秋季ハワイイベント【Hawaiian WAI KĀLĀ Days】も計画しております。

Hawaiʻian WAI KULA Days
― ここにあるハワイ!から一歩前進―
ハワイの色濃く残る花博記念公園鶴見緑地でハワイを見つけるイベント『Hawaiian WAI KULA Days ―鶴見緑地でハワイを見つける―』はたくさんの皆様に支えられ、パークセンター・咲くやこの花館のご協力とご支援を受け、また心強いスポンサーに恵まれて、2017年・2018年・2019年と大盛況の中、無事に開催することが出来ました。本当にありがとうございます。Mahalo nui loa !
2020年5月9日(土)・10日(日)に第4回目となる『Hawaiian WAI KULA Days-Save the GREEN & Share ALOHA―』の開催が決定しました。
そして『人と緑の共生』を一歩進めたイベントにすべく、サブタイトルを―鶴見緑地でハワイを見つける―から-Save the GREEN & Share ALOHA―に改め、植物を生かした≪ハワイの人々の知恵≫とこれを基に現在行われている環境問題への取り組みに賛同し、日本の知恵と≪もったいない(MOTTAINAI)≫を実践し、リサイクルや環境保護から≪人と緑の共生≫を考えるイベントにしたいと考えております。
花博記念公園鶴見緑地でハワイ文化やハワイの固有植物、ハワイ州庭園を知って頂き!
ステージではフラダンサーは華やかに踊り、ミュージシャンは穏やかな音楽を奏で!
ご来場の方々には踊りと音楽の融合やハワイアングッズ等のお買い物、屋外でグルメを楽しみ!
沢山の皆様と≪人と緑の共生≫を考え分かちあえたら幸いです。